市町村ごとの動き

復興関連活動実績一覧

宮古市

県内の市町村ごとの動きをまとめています。

  • 2016年08月08日 【平成28年度第2回いわて復興未来塾】平成28年8月7日、「いわて三陸の復興を”希望あるふるさと”につなげる」をテーマとして、いわて未来づくり機構主催の表記シンポジウムが宮古市で開催された。株式会社日本総合研究所主席研究員藻谷浩介氏から「三陸地域における課題と地域振興方策」と題して基調報告が行われたほか、パネルディスカッションでは、復興とその先の希望あるふるさと創生に向けて、課題や今後の方策等について意見交換を行った。約170名が参加した。
    [活動者(団体):いわて未来づくり機構]
    [活動期間:2016-08-07~2016-08-07]
    [市町村:宮古市]
  • 2014年12月08日 【大伸工業がみちのく未来基金に寄付】 盛岡市の大伸工業株式会社が平成26年12月5日に、「みちのく未来基金」に100万円を寄付した。寄付金は、売り上げの一部などを積み立てた同社の安全協力会の会費によるもの。同基金は東日本大震災で親を亡くした子供の進学を支援するもので、年間300万円を上限に給付。これまでに岩手県出身者117人が、奨学金を受給している。
    [活動者(団体):大伸工業株式会社(盛岡市)]
    [活動期間:2014-12-05~2014-12-05]
    [市町村:洋野町、久慈市、野田村、普代村、田野畑村、岩泉町、宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市、遠野市、住田町、内陸その他]
  • 2014年12月03日 【中村商会が学び基金に寄付】 北上市の業務用食材販売・中村商会が、平成26年12月1日に「いわての学び希望基金」に100万円を寄付した。寄付金は同社の取引先29社から寄付を募ったもの。同基金への寄付は今年で4回目。
    [活動者(団体):株式会社中村商会(北上市)]
    [活動期間:2014-12-01~2014-12-01]
    [市町村:洋野町、久慈市、野田村、普代村、田野畑村、岩泉町、宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市、遠野市、住田町、内陸その他]
  • 2014年12月03日 【ライオンズクラブ 県に診療車輌寄贈】 ライオンズクラブ国際競技会が平成26年11月28日に、岩手県と陸前高田市に診療車両3台を寄贈し、県庁前で贈呈式を行った。同クラブの被災復興支援を目的としたもの。県立宮古病院、同高田病院に輸送用車両と訪問診療車両、陸前高田市国保広田診療所に車椅子付訪問車両が贈られる。
    [活動者(団体):ライオンズクラブ国際協会]
    [活動期間:2014-11-28~2014-11-28]
    [市町村:宮古市、陸前高田市]
  • 2014年10月30日 【岩手銀行と三菱UFJニコス 学び基金に1492万円寄付】岩手銀行と三菱UFJニコスが、平成26年10月28日に岩手県の「いわての学び希望基金」に、1492万9804円を寄付した。同行が発行している「I be One(アイ・ビー・ワン)」のクレジットカード業務を三菱UFJニコスが受託しており、ともに年間利用総額の0.1%を充てたもの。寄付は平成23年から始まり今年が3回目で、5年間継続する考え。
    [活動者(団体):株式会社岩手銀行 / 三菱UFJニコス株式会社]
    [活動期間:2014-10-28~2014-10-28]
    [市町村:洋野町、久慈市、野田村、普代村、田野畑村、岩泉町、宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市、遠野市、住田町、内陸その他]
  • 2014年10月08日 【防潮林の再生に 新潟が松の苗木寄贈】 新潟県が平成26年10月7日に、岩手県にアカマツの苗木1000本を寄贈し、宮古地区合同庁舎で贈呈式を行った。苗木は、松くい虫耐性をもつ「にいがた千年松」で同県が開発したもの。宮古地域の防潮林再生に役立ててほしいと贈られた。植樹が行われた宮古市田老の摂待防潮林に補植する予定。他に宮城県と福島県にも寄贈される。
    [活動者(団体):新潟県]
    [活動期間:2014-10-07~2014-10-07]
    [市町村:宮古市]
  • 2014年09月16日 【東京の衣料品販売会社 学び希望基金に売り上げ一部寄付】 衣料品販売の(有)タンデム・鶴丸代表取締役が、平成26年9月11日に岩手県庁を訪れ「いわての学び希望基金」に売り上げの一部の約57万円を寄付した。同社はジーンズやシャツを岩手県と宮城県の工場で製造しており、岩手県への寄付は2回目。
    [活動者(団体):(有)タンデム(東京都)]
    [活動期間:2014-09-11~2014-09-11]
    [市町村:洋野町、久慈市、野田村、普代村、田野畑村、岩泉町、宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市、遠野市、住田町、内陸その他]
  • 2014年08月12日 【岡田元日本代表監督 沿岸児童にサッカー教室】 元サッカー日本代表監督・岡田武史さんが、平成26年8月10日に紫波町の岩手県フットボールセンターで、サッカー教室「復興支援プロジェクト サッカーフェスティバル」を行った。県サッカー協会が主催したもので、宮古市、大船渡市、陸前高田市から小学生約40人が参加。基礎の他、ゲーム形式の練習が行われた。
    [活動者(団体):岡田武史 / 岩手県サッカー協会]
    [活動期間:2014-08-10~2014-08-10]
    [市町村:宮古市、大船渡市、陸前高田市]
  • 2014年08月06日 【協定記念し巨大エア遊具寄贈】 青山学院女子短期大学が平成26年8月4日に、宮古市のゆるキャラ「サーモンくん」と「みやこちゃん」の巨大エア遊具を同市に寄贈した。この日、同短大と宮古市は復興支援を目的に、連携協力に関する協定締結。その記念として贈られた。遊具は市民総合体育館で行われた学生などによる被災地支援イベント「青山day」で披露。イベントには短大生をはじめ青山学院の初等、中等、高等部生、大学生、保護者など約80人が訪れ、地元の子供たちを招いてハンドベルの演奏や遊びを通じて交流した。
    [活動者(団体):青山学院女子短期大学]
    [活動期間:2014-08-04~ ]
    [市町村:宮古市]
  • 2014年07月31日 【読売日本交響楽団コンサート 学び希望基金に寄付】 読売新聞会が平成26年7月30日に岩手県庁を訪れ、「いわての学び希望基金」に21万8000円を寄付した。寄付金は、今月5日に盛岡市で開催された、読売日本交響楽団のメンバー12人による「読売サロン・コンサート in 盛岡」での収益金によるもの。
    [活動者(団体):読売新聞会 / 読売日本交響楽団]
    [活動期間:2014-07-05~2014-07-30]
    [市町村:洋野町、久慈市、野田村、普代村、田野畑村、岩泉町、宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市、遠野市、住田町、内陸その他]
  • 2014年07月23日 【復興支援キャンペーンでいわて学び基金に350万円寄付】 建設資材製造・販売「岡部株式会社」東北支店の阿部支店長と片倉盛岡営業部長代理が平成26年7月17日に県庁を訪れ、「いわて学びの希望基金」に350万円を寄付した。寄付金は、東日本大震災復興支援キャンペーンで販売した製品の売り上げの一部で、同基金への寄付は平成24年から始まり3回目。
    [活動者(団体):岡部株式会社]
    [活動期間:2014-07-17~2014-07-17]
    [市町村:洋野町、久慈市、野田村、普代村、田野畑村、岩泉町、宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市、遠野市、住田町、内陸その他]