市町村ごとの動き

市町村発の情報詳細

2014年07月18日災害廃棄物仮置場の土壌汚染対策について

東日本大震災により発生した災害廃棄物の仮置場において、
土壌汚染が判明したのでお知らせします。


■経緯について
災害廃棄物の仮置場として使用した土地に災害廃棄物による
土壌汚染がないことを確認するため、災害廃棄物を撤去した後に
土地所有者の同意のもと土壌の調査を行いました。

土壌の調査は重金属等8項目(カドミウム、鉛、六価クロム、
水銀、セレン、砒素、ふっ素、ほう素)について行いました。

その結果、一部の区画で土壌汚染対策法による基準を超過する
有害物質が確認されました。汚染の分布等を詳細に調査した結果、
災害廃棄物の仮置きと相関が認められたため、災害廃棄物による
土壌汚染と判定されました。


■土壌汚染の内容について
災害廃棄物由来による土壌汚染がある仮置場は下記の2箇所です。
(1)田老野球場仮置場
 土地所有者:岩手県 5区画  
 鉛・土壌溶出量基準(0.01mg/L)超過 最大0.032mg/L(3.2倍)

(2)藤原埠頭仮置場
 土地所有者:民間 2区画
 鉛・土壌溶出量基準(0.01mg/L)超過 最大0.052mg/L(5.2倍)
 土地所有者:民間 4区画  
 鉛・土壌含有量基準(150mg/kg)超過 最大660mg/kg(4.4倍)
 土地所有者:民間 2区画  
 鉛・土壌含有量基準(150mg/kg)超過 最大390mg/kg(2.6倍)


■土壌汚染の影響について
土壌汚染が判明した区画について、直接摂取リスクのある
土壌含有量基準超過の区画は、関係者以外の立入を禁止しています。
また、当該区域の周辺で地下水の飲用利用がないことを確認しており、
周辺環境や住民への健康影響はありません。


■今後の対策について
災害廃棄物に由来する汚染土壌は除去することとしており、
その工法等について関係機関と協議を行っています。
今後、対策に係る経費を9月補正で予算措置し、対策事業を行います。



【お問い合わせ】
宮古市 市民生活部環境課
TEL:0193-62-2111
FAX:0193-63-9116



※詳細は、関連リンクをご覧ください。

宮古市ホームページ(更新日:2014年7月16日)
http://www.city.miyako.iwate.jp/kankyo/saigaihaikibutsu_dojouosentaisaku.html

市町村名 宮古市
備考