復興の状況

復興の状況

復興の進み具合を、数字でご覧いただけます。

【写真で見る復興】<陸前高田市>東日本大震災津波伝承館「いわて TSUNAMI メモリアル」整備の様子(3)
【写真で見る復興】<陸前高田市>東日本大震災津波伝承館「いわて TSUNAMI メモリアル」整備の様子(3)
コメント 【写真で見る復興】<陸前高田市>東日本大震災津波伝承館「いわて TSUNAMI メモリアル」整備の様子(3)


東日本大震災の事実と教訓を世界及び次世代に継承していくため、ラグビーワールドカップ2019釜石開催(2019年9月)前の開館に向け、建設が進められています。

伝承館は、陸前高田市に2020年完成予定の高田松原津波復興祈念公園内に整備されており、屋根側面部分にパネルが取り付けられました。

「いのちを守り、海と大地と共に生きる」を展示のテーマに、三陸の津波災害の歴史や、東日本大震災津波や復興の取組に関わる写真や映像、被災物などを展示し、東日本大震災津波の悲劇を繰り返さないため、震災の事実と教訓を後世に伝承するとともに、復興の姿を国内外の人々に発信し、支援をいただいた全ての方々に感謝の気持ちを伝えます。



(令和元年6月25日撮影)
リンク
【写真で見る復興】<釜石市>   移転建設中の釜石警察署・沿岸運転免許センター・交通機動隊沿岸分駐隊(2)
【写真で見る復興】<釜石市>   移転建設中の釜石警察署・沿岸運転免許センター・交通機動隊沿岸分駐隊(2)
コメント <釜石市> 移転建設中の釜石警察署・沿岸運転免許センター・交通機動隊沿岸分駐隊(2)


震災前は釜石市嬉石町にあった釜石警察署本庁舎と、併設の沿岸運転免許試験場は東日本大震災津波で全壊。

津波浸水区域外である中妻地区の昭和園グラウンド跡地に、釜石警察署、沿岸運転免許センター及び交通機動隊沿岸分駐隊の建設が進められておりましたが、いよいよ今月末に完成し、7月16日(火)から業務が開始される予定です。
 
(令和元年6月24日撮影)
リンク
【写真で見る復興】<釜石市>   釜石鵜住居復興スタジアムに設置されたモザイクアート「ありがとう貝画(かいが)」
【写真で見る復興】<釜石市>   釜石鵜住居復興スタジアムに設置されたモザイクアート「ありがとう貝画(かいが)」
コメント <釜石市> 釜石鵜住居復興スタジアムに設置されたモザイクアート「ありがとう貝画(かいが)」


 東日本大震災津波からの復興支援への感謝を伝えようと制作された「ありがとう貝画(かいが)」は、釜石鵜住居復興スタジアムの東側バックスタンドに設置されています。

 貝画は、市内の小中学生のアンケートを基にデザインされ、感謝を表す「ありがとう」の文字やラグビーボール、虎舞などが描かれ、大きさは 縦2・5メートル、横12メートル。
 三陸産のホタテガイとアカザラガイの貝殻、約6千枚が使用されています。
 

(令和元年6月14日 撮影)
リンク
【写真で見る復興】<釜石市>   ラグビーワールドカップ2019開催まであと100日
【写真で見る復興】<釜石市>   ラグビーワールドカップ2019開催まであと100日
コメント <釜石市> ラグビーワールドカップ2019開催まであと100日

2019年9月20日のラグビーワールドカップ日本大会の開幕まであと100日となりました。

岩手県釜石市の「釜石鵜住居復興スタジアム」では
9月25日(水)15:15 プールD:フィジー対アメリカ地区2
10月13日(日)12:15 プールB:アフリカ地区1対敗者復活予選優勝チーム
が開催されます。

(令和元年6月12日撮影)
リンク
【写真で見る復興】<陸前高田市>ハナミズキのみち 記念碑
【写真で見る復興】<陸前高田市>ハナミズキのみち 記念碑
コメント <陸前高田市> ハナミズキのみち 記念碑

陸前高田市高田町の主要避難道路「シンボルロード(全長1.9km)」の全線開通を記念し、2019年5月12日に記念碑の除幕式が行われました。
碑を建てたのは「陸前高田『ハナミズキのみち』の会」で、
碑文には「この道を より高い所へ 駆け上がれ!」と記されています。
海側から山側まで抜けるシンボルロードには、避難の目印にするため、ハナミズキの植樹が進められています。

(令和元年5月29日撮影)
リンク http://hanamizukinomichi.com/
【写真で見る復興】<陸前高田市>移転建設中の陸前高田市立高田小学校(2)
【写真で見る復興】<陸前高田市>移転建設中の陸前高田市立高田小学校(2)
コメント <陸前高田市> 移転建設中の陸前高田市立高田小学校(2)

東日本大震災の津波で校舎1階まで浸水した陸前高田市立高田小学校。

修理などをして学校生活を送っていますが、高田地区の高台に移設されることになりました。現在の高田小では、市役所新庁舎建設のための造成工事が行われています。

建設中の場所は、県立高田病院や、市保健福祉総合センターに隣接しており、夏休み明けの開講を目指しています。

(令和元年5月29日撮影)
リンク
【写真で見る復興】<大船渡市> みなとオアシスおおふなと
【写真で見る復興】<大船渡市> みなとオアシスおおふなと
コメント <大船渡市> みなとオアシスおおふなと

大船渡市大船渡町のおおふなぽーとを代表とする大船渡港周辺施設が、令和元年5月18日「みなとオアシス」に登録されました。

県内の登録は久慈市、宮古市に続いて3か所目、全国では129か所目となります。

防災を学べる施設「おおふなぽーと」のほか、震災の津波被害から復興した中心市街地に誕生した「キャッセン大船渡」などを構成施設とした三陸・大船渡の新たな商業・観光拠点で、グルメ開発にも力を入れています。



【みなとオアシス】
「みなと」を核としたまちづくりを促進するため、住民参加による地域振興の取組が継続的に行われる施設を国土交通省港湾局長が登録するもの。
リンク http://www.mlit.go.jp/report/press/port04_hh_000248.html
【写真で見る復興】<釜石市>   釜石鵜住居復興スタジアム(5)
【写真で見る復興】<釜石市>   釜石鵜住居復興スタジアム(5)
コメント <釜石市>仮設スタンドの工事が進む「釜石鵜住居復興スタジアム」
 
2019年9月に開催されるラグビーワールドカップの試合会場の一つ「釜石鵜住居復興スタジアム」では、仮設スタンドの設置工事が行われています。

スタジアムは常設席を約6000席備えていますが、大会本番では仮設スタンドを1万席増やし、1万6000人の観客を受け入れる予定で、6月末の完成を目指しています。


7月27日(土)には大会本番に向け「日本代表VSフィジー代表」によるテストマッチが予定されています。

(令和元年5月17日撮影)
リンク
【写真で見る復興】<大槌町>   吉里吉里地区 比較写真
【写真で見る復興】<大槌町>   吉里吉里地区 比較写真
コメント <大槌町> 大槌町吉里吉里地区の比較写真

 宅地の整備が進み住宅も増えてきた様子が伺えます。

(平成31年4月18日撮影)
リンク
【写真で見る復興】<釜石市>   移転建設中の釜石警察署・沿岸運転免許センター・交通機動隊沿岸分駐隊
【写真で見る復興】<釜石市>   移転建設中の釜石警察署・沿岸運転免許センター・交通機動隊沿岸分駐隊
コメント <釜石市> 移転建設中の釜石警察署・沿岸運転免許センター・交通機動隊沿岸分駐隊


震災前は釜石市嬉石町にあった釜石警察署本庁舎と、併設の沿岸運転免許試験場は津波で被災。

現在は中妻地区の昭和園グラウンド跡地に、釜石警察署、沿岸運転免許センター及び交通機動隊沿岸分駐隊の建設が進められています。
 
(令和元年5月10日撮影)
リンク