支援提案 [支援したい] この提案に対して、受け入れたい方はコチラから要請に支援する

支援提案詳細

2015年06月01日震災孤児遺児対象~夢をかなえるためのお手伝い~

登録番号 T150601001
市町村名(支援対象となる場所) 洋野町 久慈市 野田村 普代村 田野畑村 岩泉町 宮古市 山田町 大槌町 釜石市 大船渡市 陸前高田市 遠野市 住田町 内陸その他
分野 学び
種類 人の支援 お金の支援 その他
提案元(団体等名) 公益社団法人3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構【3.11塾】
支援の概要・背景・
想いなど
平成23年3月11日の東日本大震災津波により、親を失ったこどもが多数確認されています。
親を失ったことで夢を諦めなくてはならない子どもを一人でも少なくできたらという思いから平成23年4月のチャリティコンサート「全音楽界による音楽会」に参加した有志を核に発足した、専門家やサポーターのネットワークを生かし、子どもたち一人ひとりの状況や必要に応じたカスタムメイドの支援を提供できないかと考え公益社団法人3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構は平成23年10月、三枝成彰を会長、林真理子を会長代行として発足しました。
具体的な内容(人数・数量等) 子ども自らが選択した進路や希望を実現できるよう、さまざまな分野でのプロ集団が個別に担当者となり、継続的な支援をしています。
支援を希望する子どもは「3.11塾」の塾生として登録し、子どもの置かれた状況や希望にできる限り寄り添える支援活動を目指しています。

(主な支援の例)
1.年間25万円程度の支援(学習塾、家庭教師の派遣、スカイプによる英語のレッスン、習い事等)

2.海外留学の支援

3.歯列矯正の費用負担

4.年に数回東京、現地での交流イベントへの招待

5.子どもの進路に参考になるようなさまざまな分野の人との交流の場や機会の提供

6.音楽、スポーツ、医学等の道に進みたい場合、それぞれの分野のプロによるアドバイスや財政的支援を提供

※子どもたち一人ひとりの将来の夢の実現に合わせカスタムメイドに支援
支援の時期・場所
支援方法等 支援を希望する方は、下記までお問い合わせください。
問合せ先(団体名・連絡先) 東京本部事務局
〒106-0032 東京都港区六本木5-16-5 インペリアル六本木908
TEL:03(3584)1608/FAX:03(3584)1952/MAIL:info@311juku.jp
関連リンク http://311juku.jp/
備考 【関連リンク】公益社団法人3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構【3.11塾】ホームページ
添付ファイル
ダウンロードはこちら募集要項・申請書