団体の活動状況

団体の活動状況詳細

2017年02月27日【企業がつなぐチカラ(44)】大船渡市立吉浜中学校で「未来への教科書~For Our Children~」がスリーピークスワイナリー代表及川氏を講師に出前授業開催

登録番号 TP170227003
市町村名 大船渡市
詳細記事  1月31日(火)大船渡市立吉浜中学校で、『未来への教科書~For Our Children~』出前授業プロジェクト(主催:復興支援メディア隊、後援:三井物産(株)、企画協力:BS12ch TwellV(トゥエルビ))が、講師として(株)スリーピークス代表取締役及川武宏氏を講師に迎え、出前授業をおこなった。

大船渡市で初となるワイナリーに取り組む及川氏による同校での出前授業は、昨年に続いて2度目。「0(ゼロ)から『働く』を考える」をテーマに、自らの学生時代のことや、大学卒業後に訪れたニュージーランドで、ワイナリーの着想を得たこと、震災を機に大船渡に戻り、リンゴなどの栽培を始めたことなどを話した。
 授業に参加した生徒たちからは、将来の夢や仕事に関する質問が次々に出され、自分たちの将来をより具体的に考えるよい刺激となった様子だった。

 この企画の元になったのは、「被災地の今、課題、未来」をテーマに制作した復興支援ドキュメント番組『未来への教科書~For Our Children~』(BS12ch TwellVで放送)。
「地域のキーパーソンの言葉をそのまま届けることを通じて、大震災から立ち上がろうとする人々の力強い姿を広く伝えたい」という主旨で、被災された方々を中心に延べ約300名を取材、震災直後から平成28年3月までに全117回の番組が放送された。

 平成26年からは、番組の登場者本人と実際に取材に当たった榎田竜路氏が一緒に中学校・高等学校を訪問し、1日先生として授業をする、「『未来への教科書~For Our Children~』出前授業プロジェクト」もスタート。
 3年目となる岩手県内では、盛岡市立見前南中学校、盛岡市立飯岡中学校、県立久慈東高校、大船渡市立吉浜中学校の4校で出前授業が行われた。

※これまでの授業の様子は復興支援メディア隊ウェブサイトでご覧いただけます。 http://ramediateam.org/
添付ファイル
生徒達の前で自身の経験を語る及川氏生徒達の前で自身の経験を語る及川氏
熱心に聞き入る生徒達熱心に聞き入る生徒達
投稿者 【管理者】かけ橋プロジェクト事務局(RCF)
関連リンク http://ramediateam.org/
備考