団体の活動状況

団体の活動状況詳細

2017年03月27日愛媛県の個人の方から手作りのマフラー100枚が寄贈されました

登録番号 TP170327004
市町村名 久慈市 岩泉町 宮古市
詳細記事 愛媛県西予市の危機管理課を通じて岩手県沿岸被災地に手作りのマフラーを支援したいという申し出があり、当かけ橋プロジェクトにおいて寄贈先のマッチングを行った。同市在住の個人の方が、ご自宅に眠っていた着物や洋服をリメイクして被災した方々のために100枚のマフラーを制作したのだという。片方の端にフープが付いており、もう片方を通すだけで誰でも簡単に巻くことができる。

マフラーを制作したのには2つの理由がある。1つは、寒冷な岩手の気候、もう1つは被災による地域コミュニティーの分断がある。人々が、支え合って復興していくために、何かお手伝いできないかと考えた。東北のことを思いながら、1枚1枚手縫いしたという。

制作者にお話を聞くと「今のように物が豊かでなかった大正時代の生まれです。衣類を再利用することで復興支援のお手伝いができればと考えました。高台等に居を移した人も、同じマフラーをしていれば会話のきっかけになり、話の輪が広がれば嬉しいです」と語った。

マフラーは、東日本大震災津波と8月末に発生した台風10号の被災地(久慈市、岩泉町、宮古市)の社会福祉協議会を通じて、被災した方々に贈られた。
添付ファイル
久慈市社会福祉協議会久慈市社会福祉協議会
岩泉町社会福祉協議会岩泉町社会福祉協議会
宮古市社会福祉協議会宮古市社会福祉協議会
投稿者 システム管理者
関連リンク
備考