団体の活動状況

団体の活動状況詳細

2017年06月14日ゆるく、ディープな宮古の魅力を伝えるYouTube宮古市公式チャンネル放送番組「ヤエガシTV」

登録番号 TP170613001
市町村名 宮古市
詳細記事 平成29年4月、宮古市によるYouTube公式チャンネル放送番組「ヤエガシTV」はスタートした。市の魅力をPRする番組という触れ込みだが、タイトルからして思わず首を傾げてしまう。「ヤエガシって、いったい誰なのか」「宮古って、入れなくてもよいのか」。ふつふつと沸く疑問を解決するべく、番組を担当する企画部企画課を訪ねた。

市役所に到着すると、肩からカーディガンをさげた男性が迎えてくれた。プロデューサーとして番組に出演している大森洋希さんだ。普段はごくごく真面目に広報の制作に取り組んでおり、番組に登場するキャラクターとはギャップがあるのだという。タイトルになっているメインパーソナリティーの『ヤエガシ』さんの正体は、宮古市在住で、岩手県北自動車(株)のグループ連携室室長を務める傍ら、市内のイベントで司会進行を務めるなど多彩な活躍をみせる八重樫眞さんだ。さらにアシスタントとして、同社が運営するみやこ浄土ヶ浜遊覧船のマリンガイド・横山葵さんが登場する。2人はボランティアで出演しているというから驚きだ。撮影スタッフもまた宮古市在住の人物。カメラマン・井田裕基さんは、香川県高松市出身で復興支援を機に拠点を宮古に移し、5年にわたって活動を続けている。

「ヤエガシTV」の企画書には、「八重樫さん、横山さん、大森さんの夢を叶える番組。YouTuberになりたかった八重樫さん。何でもいいから企画したかった大森さん。たまには地上をガイドしたい人気マリンガイド横山さん。今日も街のどこかに出没し、宮古の魅力を再発見。横山さんのボケを、八重樫さんが拾いまくる、宮古型情報発信IN TV」とある。

「宮古は面白い人だらけ」と言う八重樫さん。まちの魅力発信に意欲を燃やす。復興について尋ねると「震災から6年が経ちましたが、大変な思いをしている人はまだまだたくさんいます。一方で、温かいご支援を寄せてくださった全国の皆さんに、宮古の元気を発信したいという思いもあります。『ヤエガシTV』を見て、みなさんにクスッと笑ってもらえたら」と思いを語った。

プロデューサー役の大森さんは番組への思いを次のように語る。

「ヤエガシTVは宮古市の魅力を伝える番組であることはもちろん、宮古のことでわからないことがあればヤエガシTVを見れば何でもわかるといったような、辞書的な番組にしていきたいなと思っています。また、国際向けに番組に英語訳や中国語訳をつけていく予定もあります。できるだけ低予算で、クオリティーを追求せず、だいたいのところで納得し、そのかわり本数をできるだけ増やしていこうという体で進めています。そんな手作りの番組です」

■動画投稿サイトYouTube宮古市公式チャンネル放送番組「ヤエガシTV」
ターゲットは、『宮古市民』、『宮古市に興味がある人』。これまでに第1弾『三陸鉄道編vol.1、2、3』、第2弾『浄土ヶ浜編vol.1、2』が公開されている。
>>http://www.city.miyako.iwate.jp/kikaku/yaegashitv.html
添付ファイル
ヤエガシTV 第二弾「浄土ヶ浜編 vol.1」スクリーンショットヤエガシTV 第二弾「浄土ヶ浜編 vol.1」スクリーンショット
ヤエガシTV出演者、スタッフのみなさんヤエガシTV出演者、スタッフのみなさん
投稿者 システム管理者
関連リンク
備考