団体の活動状況

団体の活動状況詳細

2017年06月30日ラグビーワールドカップ2019™日本大会 釜石開催に向けて/ラグビーカフェ釜石営業中!

登録番号 TP170629001
市町村名 釜石市
詳細記事  ラグビーワールドカップ2019™日本大会は9月20日から11月2日まで、釜石市を含む日本全国12会場で行われる。世界3大スポーツイベントともいわれる大会で、アジアでは初の開催となり期待が高まるところだ。

 釜石駅に隣接するシープラザ釜石2階では「ラグビーカフェ釜石」が常設営業を行っている。「ラグビーカフェ釜石」はラグビーカフェ・クレスト鵜住居が前身。平成25年10月に「震災復興に励む釜石をラグビーで盛り上げよう」と、市民有志らがラグビーワールドカップ2019開催地立候補を応援する目的で、鵜住居絆ハウスにオープンした。釜石市が開催都市に決定した後、鵜住居地区の復興事業に伴い移転。平成28年4月からは、ラグビーの魅力をより広く知ってもらうために設立された、ラグビーワールドカップ2019釜石開催支援連絡会と釜石市が共同で運営を行っている。
 カフェといっても飲食物の販売はしていない。フリードリンクが提供されており、スタッフや仲間同士でラグビーについて語り合い、情報発信と交流の場所として機能している。
 また、展示コーナーや体験コーナーも設置。展示コーナーには、建設中である鵜住居復興スタジアム(仮)の完成予想図や模型、かつて新日鐵釜石ラグビー部が7連覇を成し遂げた時代の資料や映像が流れている。体験コーナーでは、ラグビーボールを使用したキック体験やトライを決めている様に撮影できるフォトコーナーもあり、親子でも楽しめる。

 運営に携わるNPO法人かまいしリンクの遠藤ゆりえさんは、カフェを気軽に利用してほしいと話し、「ラグビーワールドカップ開催時には、釜石市にも多くの選手や観戦客の訪問が見込まれます。そのため、今から市民や周辺地域のみなさんと様々な準備を進めていかなければならないと思っています。カフェを有効に活用してもらい大会開催に向けて盛り上げていきたいです。現在、取組のひとつとして、毎月第1日曜日に無料で英会話教室(初級10:30~12:00/中級13:30~15:00)を行っています。外国からも多くの観光客が訪れることが予想されることから、英会話を通じて国際交流の輪を広げられればと期待するところです。開催まであと約2年。この機会を楽しんでいきたいです」と笑顔をみせる。

【ラグビーカフェ釜石】
■場所:シープラザ釜石2階(釜石市鈴子町22-1)
■営業日時:10:00~17:00
■定休日:シープラザ釜石休館日(第1・3・5火曜日)
添付ファイル
NPO法人釜石リンク 遠藤ゆりえさん     「気軽にお立ち寄りください」とカフェ利用を呼び掛ける。NPO法人釜石リンク 遠藤ゆりえさん     「気軽にお立ち寄りください」とカフェ利用を呼び掛ける。
ラグビーに関する資料を展示。ラグビーに関する資料を展示。
投稿者 システム管理者
関連リンク
備考