団体の活動状況

団体の活動状況詳細

2017年07月04日「三陸国際芸術祭2017」ボランティア募集のご案内

登録番号 TP170703002
市町村名 大船渡市
詳細記事 8月に開催される「三陸国際芸術祭2017」では、広報やアート作品制作、会場づくりなど、
さまざまな形でイベントをサポートしてくれるボランティアを募集している。

各種ボランティアの応募に制限はなく、
「三陸沿岸に興味がある!」「祭りが好き!」という方ならどなたでもOK。
それぞれ得意な分野で参加できる。
興味のある方はぜひ事務局まで問合せを!

【時期】
1、美術サポート:7月15日-8月12日(10-18時の間でご都合のよい時間で)
2、本祭サポート:8月9-13日(8月9-10日仕込み、8月11-12日本祭、8月13日報告会)

【道化衆ワークショップ】
ボランティアをしてくださる方を対象に、地元の道化さん※から習う「道化体験」を開催します。ぜひ、こちらにもご参加ください。(8月9日または10日開催予定)

※「道化」とはメイン会場となっている大船渡など気仙地方に伝わる婚礼の風習で、地域の人が面白おかしく仮装して花嫁行列を待ち受けるというもの。
(道化について詳しくは https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00010003-yjnewsv-l03

■お問い合わせ E-mail:info@sanfes.com ※@を半角にしてお送りください。
三陸国際芸術祭事務局 岩手県大船渡市盛町木町6-4 TEL:0192-47-5123 FAX:0192-47-5125

[三陸国際芸術祭2017]※平成29年度戦略的芸術文化創造推進事業
⇒イベント概要について詳しくは三陸国際芸術祭ホームページにてご確認ください。
<<< http://sanfes.com

《三陸国際芸術祭》
8月5日(土)~13日(日)岩手県大船渡市
震災から6年の年月を経てこの春「まちびらき」をした大船渡駅周辺を舞台に、三陸とアジアの芸能が集う。夜神楽やコミュニティ産す、世界の芸能が演舞を拾う、大型商業施設「キャッセン」や須崎川の親水空間を現代アートが彩る。
■出演団体:チルボン仮面舞踊(インドネシア)、バジャウ族伝統舞踊(マレーシア)、黒森神楽(宮古市)、金澤神楽鶏子舞(大槌町)、鮫神楽(青森県八戸市)、仰山流笹崎鹿躍り(大船渡市)、門中組虎舞(大船渡市)、赤澤鎧剣舞(大船渡市)、女川港大漁獅子舞まむし(宮城県女川町)

《三陸国際芸術祭》
8月19日(土)青森県八戸市
昨年に引き続き2回目の開催となる八戸種差公演。日本で唯一の芝生の海岸、種差海岸芝生地を舞台に、東北とアジアの芸能が集う。地元の鮫神楽と高館駒踊の60余年ぶりの共演は、まさに歴史的なプログラム。
■出演団体:チルボン仮面舞踊、高館駒踊(八戸市)、鮫神楽(八戸市)、仰山流笹崎鹿踊(大船渡市)

連携プログラム《第43回三陸港まつり~未来はまつりの輪の中にin三陸~》
(主催;三陸港まつり実行委員会)
8月16日(水)岩手県大船渡市
沿岸部の整備がいよいよ整い、震災前に行っていた海岸での祭りが復活。山の中腹にある寺に芸能を奉納し、そこから市民が灯ろうを持ち、沿岸へと歩いていく光景には、東北の祭の原型が垣間見える。
■出演団体:チルボン仮面舞踊、金津流浦浜獅子躍、浦浜念仏剣舞、吉浜鎧剣舞、川原鎧剣舞(すべて大船渡市)、黒岩鬼剣舞(北上市)(予定)
添付ファイル
ボランティア募集案内チラシ※詳しくはダウンロードしてご覧ください。ボランティア募集案内チラシ※詳しくはダウンロードしてご覧ください。
投稿者 システム管理者
関連リンク
備考