団体の活動状況

団体の活動状況詳細

2017年07月12日【岩手発ミライへの一歩(48)】次世代リーダーの育成に「東北・岩手の復興地から学ぶリーダーシップ研修」体験セミナー開催

登録番号 TP170712001
市町村名 陸前高田市
詳細記事  6月30日、首都圏に本社を持つ企業の人事・人材開発担当者を対象に「東北・岩手の復興地から学ぶリーダーシップ研修」体験セミナーがおこなわれた。これはパーソル総合研究所が提供する次世代リーダー育成プログラムの一つで、復興地での研修の一部を東京で模擬的に体験し、研修プログラムの効果を体感してもらおう、という試み。首都圏の企業約10社が参加した。

今回は、陸前高田で研修を企画運営している(一社)マルゴト陸前高田の伊藤雅人理事が震災の「語り部」として登壇し、自らの経験を語った。
 企業においても、それまで経験のない課題に直面した時、リーダーにはどうやって解決し前進するかが問われる。伊藤理事が、震災という「非日常」の中で課題を一つ一つどのように解決していったかについて「生の声」で語ると、参加者からは、極限状態にあっても目標に向かって進み続ける原動力となったものは何か、など質問が多数あがった。

 つづいて、事例紹介として5月に陸前高田で研修を実施したサントリー食品インターナショナル労働組合の川本祐太氏が登壇。「研修を体験し、現地の方々の生の声に触れることで、「決断」する大切さ、重みを学んだ。加えて、それまでの「他人事」が「自分事」となることで、人を認め合う気持ちや発想力が広がり、その場で宣言したことを行動に移す実行力が現れるなど、事務局が想定していた以上に参加者の変化が見られた」とし、復興地での研修の意義を印象づけた。

(※)岩手県は、企業研修誘致事業をおこなっており、7月に首都圏の人事担当者向け特別セミナー(https://jinjibu.jp/seminar/detl/42247/)の開催を予定している。
添付ファイル
マルゴト陸前高田の伊藤理事  マルゴト陸前高田の伊藤理事  
サントリー食品インターナショナル労働組合の川本氏サントリー食品インターナショナル労働組合の川本氏
投稿者 【管理者】かけ橋プロジェクト事務局(RCF)
関連リンク
備考