団体の活動状況

団体の活動状況詳細

2017年08月09日営みからアートへ「三陸国際芸術祭2017」のご案内

登録番号 TP170808005
市町村名 大船渡市
詳細記事 三陸国際芸術祭事務局からお知らせです。

2011年の東日本大震災で大きな被害を受けた三陸沿岸地域。津波により多くのものが流されました。一方で、この地域は、世界でも類を見ない芸能の宝庫であり、獅子舞、神楽など2,000もの郷土芸能が存在している地域と言われています。

本芸術祭は、三陸沿岸という土地で幾世代もの伝承を経て根付き、今も脈々と受け継がれている「郷土芸能の魅力の発信」と、「国内外との芸能を通じた交流」を目的に、2014年から毎年開催しています。
国際芸術祭という形で開催することにより、三陸の郷土芸能が世界と繋がるきっかけとなり、多様な文化との交流を通して、震災からの「文化・芸術による復興」に取り組んでいます。
悠久の時の中で、自然災害といった人類の制することのできない事象と対峙し、人々は悲しみ、葬い、祈る中で「表現」を生み出してきました。それは、時に美しく、時に厳しく、時に滑稽でいて、現代に至るまでの様々な芸術表現の根源を映し出すかのようです。

「営みから、アートへ」

それは、世界の多様な文化と芸術が混ざり合い、創造的な瞬間を分かち合うための三陸国際芸術祭からのメッセージです。

[三陸国際芸術祭2017]※平成29年度戦略的芸術文化創造推進事業

《三陸国際芸術祭》
8月5日(土)~13日(日)岩手県大船渡市
震災から6年の年月を経てこの春「まちびらき」をした大船渡駅周辺を舞台に、三陸とアジアの芸能が集う。夜神楽やコミュニティ産す、世界の芸能が演舞を拾う、大型商業施設「キャッセン」や須崎川の親水空間を現代アートが彩る。
■出演団体:チルボン仮面舞踊(インドネシア)、バジャウ族伝統舞踊(マレーシア)、黒森神楽(宮古市)、金澤神楽鶏子舞(大槌町)、鮫神楽(青森県八戸市)、仰山流笹崎鹿躍り(大船渡市)、門中組虎舞(大船渡市)、赤澤鎧剣舞(大船渡市)、女川港大漁獅子舞まむし(宮城県女川町)

《三陸国際芸術祭》
8月19日(土)青森県八戸市
昨年に引き続き2回目の開催となる八戸種差公演。日本で唯一の芝生の海岸、種差海岸芝生地を舞台に、東北とアジアの芸能が集う。地元の鮫神楽と高館駒踊の60余年ぶりの共演は、まさに歴史的なプログラム。
■出演団体:チルボン仮面舞踊、高館駒踊(八戸市)、鮫神楽(八戸市)、仰山流笹崎鹿踊(大船渡市)

連携プログラム《第43回三陸港まつり~未来はまつりの輪の中にin三陸~》
(主催;三陸港まつり実行委員会)
8月16日(水)岩手県大船渡市
沿岸部の整備がいよいよ整い、震災前に行っていた海岸での祭りが復活。山の中腹にある寺に芸能を奉納し、そこから市民が灯ろうを持ち、沿岸へと歩いていく光景には、東北の祭の原型が垣間見える。
■出演団体:チルボン仮面舞踊、金津流浦浜獅子躍、浦浜念仏剣舞、吉浜鎧剣舞、川原鎧剣舞(すべて大船渡市)、黒岩鬼剣舞(北上市)(予定)

⇒詳しくは三陸国際芸術祭ホームページにてご確認ください。<<< http://sanfes.com
添付ファイル
プログラムなど、イベントの詳細はホームページをご確認ください。プログラムなど、イベントの詳細はホームページをご確認ください。
投稿者 システム管理者
関連リンク http://sanfes.com
備考 【関連リンク】三陸国際芸術祭ホームページ