団体の活動状況

団体の活動状況詳細

2018年01月25日2/23 (金)「東北の未来をつくる新しい資金を知る会議」のお知らせです

登録番号 TP180125004
市町村名 内陸その他
詳細記事 (公財)地域創造基金さなぶりからのお知らせです。

 発災から8年目を迎える今年、地域の課題としての復興と、全国各地の地域が直面する諸課題に対して、どのような資金・財源で取り組むのか、行政も民間の団体も大きな課題であると思います。同時に、最近では従来の個人・法人寄付や民間助成金、行政の委託や補助金を超えて、地域で活用できる様々な資金源が増えています。

 そのような各種の資金源がどのようなもので、活用できる要件はどのようなものなのか等を知る会議を開催し、多くの方々に知って頂く機会をつくります。地域のNPO等の団体だけで取り組めるものもあれば、行政との連携が必要なものもあり、弊財団としても連携・支援を行う準備があります。

 自治体も民間団体も、地元地域の課題を解決するために活用できる「我が地域のための財源」を増やすために、どのような手段があり、どのような要件があるのかを知る機会になればと考えています。ぜひご参加ください。また、日程的に参加できない方々には、資料の送付も行いますのでお知らせください。

 従来の寄付や補助金、委託金だけではない資金のうねりが来ています。中には、地元の自治体と一緒に地域課題に取り組むことが条件に、大規模&複数年を活用できる財源もあります。同時に、事業のタイプによっては、財源の向き・不向きがあります。今後の活動の展開を考えるうえで、必要となる資金源ごとの使い勝手や特色などがわかるようにと思いますので、ぜひご参加ください!

【東北の未来をつくる新しい資金を知る会議】
■日時:平成30年2月23日(金)13:00開会、16:30閉会/17:00 時会場閉場
■会場:仙台市商工会議所 7階大会議室 
     (仙台市青葉区本町2-16-12)
■対象:東北6県を中心に、NPO等+行政・金融機関、中間支援組織の皆様
■参加費:無料
 ※参加申込みは下記サイトから
  https://goo.gl/forms/cczV5l44O0GCGZ9t2

■主な内容
◎休眠預金:岸本幸子 氏
(休眠預金等活用審議会・専門委員/ (公財)パブリックリソース財団)
◎遺贈寄付:鵜尾雅隆 氏
(NPO法人 日本ファンドレイジング協会/(一社)全国レガシーギフト協会)
◎社会的投資:工藤 七子 氏
((一社)社会的投資推進財団)
◎行政補助金改革:深尾昌峰 氏  

【問合せ先】
(公財)地域創造基金さなぶり/担当:鈴木・菊地
TEL : 022-748-7283 FAX : 022-748-7284 
添付ファイル
投稿者 システム管理者
関連リンク http://www.sanaburifund.org/shiensupport/2018/01/17272/
備考 【関連リンク】
(公財)地域創造基金さなぶり ホームページ