団体の活動状況

団体の活動状況詳細

2018年04月26日 【復興ボイス (4)】「場づくりとモノづくりで地域課題を考える(一社)Tsubomiの新たなスタートを伺う」

登録番号 TP180426001
市町村名 大槌町
詳細記事  大槌町最大の仮設商店街「復興きらり商店街」すぐ近くに、真新しいログハウスがある。大きな窓と緑色のウッドデッキが目を引く建物は、大槌町で働く子育て世代の支援や中間支援事業などで活動する、(一社)Tsubomiの新拠地である。

 自身も子育て中で法人を運営する代表の大久保彩乃さん、そして理事の菅谷安美さんにお話を伺った。

入り口を開けると真っ先に感じるのが木の香り。外観と同様に室内にも木をふんだんに使用しており、明るく開放的な吹き抜けのある空間が広がる。


― 素敵な建物ですね
菅谷さん> 先月3月末にこれまで拠点としていた「大槌町コミュニティプレイス」を卒業しました。同じタイミングで、県外の方が町のコミュニティスペースの場として活用してほしいと建てられたものを、ご縁があって使わせていただくことになりました。施設名の『Flower Canvas(フラワーカンヴァス)』は、真っ白なキャンバスに法人名でもある「つぼみ」が膨らんで、たくさんの花が咲くようにとの想いを込めて、これからの大槌の姿を重ねてオーナーの方と一緒に決めました。

― キッチンもありカフェスペースとしての設備が充実していますが、今後はどのような事業をお考えですか
菅谷さん> これまで同様に子育て支援やコミュニティ支援に力を入れていきます。
また新たな事業として、コミュニティカフェ事業を始めます。5月下旬の開店に向けて準備をしているところですが、テイクアウトのスタイルも取り入れる予定です。メニューには、大槌産や岩手県産等の自然食品を活用したものも考えています。

大久保さん> カフェの営業時間はランチタイムを設けずに10:00~16:00、場所の開放は9:00~17:00にして、コミュニティのツールとして活用していただきたいと考えています。他のカフェなどとの差別化を考えているので、そこは主張していきたいですね。また、カフェがお休みの日曜祝日や営業後の夕方からは、登録制のシェアキッチンとして、空間を活用していただけるレンタルスペースなども考えています。

菅谷さん> 新たな事業の2つ目は、手仕事創出事業です。これまでも講座やサロン活動などを開催してきましたが、子育て世代の女性などの働く場を作ります。実はこちらも大槌産のものを活用したTsubomi独自の商品開発をしているところです。5人程度を雇用して、ここで商品を作って販売まで出来るような仕事を提供できたらいいな、と練っているところです。最終的に身につけた技術をきっかけに、独立される方が出てきたら素敵だなと思います。

大久保さん> 3つ目は、NPO法人アムダからの受託事業です。子育て世代や女性、また町民の心身をサポートするサロン活動や講座などの開催を引き続き行います。世代を越えたコミュニティの場を考えていきます。子育てサロンは、平日だけでなく土曜日にも開催をしてきました。

― 土曜日も、となるとなかなかお休みできないですよね
そうですね、常勤は私たち2人なのですが、非常勤として3人の方にお手伝いをいただいています。カフェ事業には、現役子育て中のママにお手伝いいただくことになっています。
 私自身も保育園に入れるまでは子どもたちを連れて仕事をしていたのですけど、色々な地域の方たちと触れ合うのでいい刺激になりましたね。

― これまで携わってきた中間支援事業は
大久保さん> 大槌町コミュニティプレイスでの経験を活かして、中間支援事業にも引き続き力を入れていきます。併せてこれまでも携わってきたNPO法人との復興庁のコーディネート事業ですが、引き続き今年度も大槌町担当として行う予定でいます。

― 町内には他にも子育て支援センターや団体がありますが、つながりはあるのでしょうか
「大槌町地域子育て支援センターかりん」さんでは、かりんさん主催で2ヶ月に一度、「リズムカフェ」を開催しています。予めリクエストしていただいたものを、ピアノの弾き語りで行っているのですけど、子ども達は自由に踊ったりしていますね。小さいお子さんなので、音楽にふれあうのは30分程度ですが、その後は用意したお茶菓子でお母さんたちとの交流の場、情報交換の場として楽しんでいます。
 それから今年も子育てを応援するイベント「子育てフェス」の開催を考えているので、ほかの団体さんも含めて企画を立てているところです。(昨年は11月だったので)今年はもう少し暖かい時期に出来たらな、とは話しているんです。

― 今後の展望などをお聞かせください
新たなスタートをきりましたので、地域課題に取り組むために組織としての基盤をより強化することと、子育て世代だけではない女性全体と関わって、みんなの「Tsubomi」になるように、情報発信にも力を入れていきたいと思います。


一般社団法人Tsubomi
事務所
〒028-1113
岩手県上閉伊郡大槌町大槌第23地割字沢山10番38
TEL:0193-27-7559
HP:tsubomi.amebaownd.com
添付ファイル
右から代表の大久保さん、理事の菅谷さん右から代表の大久保さん、理事の菅谷さん
大きな窓が印象的な明るい室内大きな窓が印象的な明るい室内
大人も子ども一緒にもくつろげそうな工夫がされている大人も子ども一緒にもくつろげそうな工夫がされている
動画
投稿者 システム管理者
関連リンク
備考