団体の活動状況

団体の活動状況詳細

2018年05月17日【企業がつなぐチカラ(58)】 第2回東北リーダーズ・カンファレンス開催。地域リーダーが釜石TETTO(テット)に集結

登録番号 TP180517005
市町村名 釜石市
詳細記事  4月20日(金)、21日(土)の2日間、「東北リーダーズ・カンファレンス2018」が釜石市の釜石市民ホール(TETTO)で開催された。
 会には東北各地の地域リーダーや日本を代表するビジネスパーソンら、約200名が参加。震災から7年間で生まれたリーダーコミュニティの維持・強化と次世代リーダーの輩出を目指し、課題や成功事例を共有した。

 基調パネルディスカッションでは、東北発の起業家による「新しい社会づくり」に挑むリーダーの事例から、投資家の目線で見た東北地方に対する意見を共有し、事業や産業としての成功だけではなく、社会課題を解決する変革を起こすことで、東北が日本・世界で「突き抜けた」地域となることを目指して議論が行われた。
 カンファレンス内では、東北の優れた新しい食のブランドを称え、成功要因を共有する「東の食のブランド・アワード」も発表。県オリジナル水稲品種「金色(こんじき)の風」が準グランプリに輝いた。
 会場では、三陸の食として牡蠣やワカメ、しめ鯖などがふるまわれ、リーダーたちは舌鼓を打ちながら親交を深め合っていた。

 2日目のパネルディスカッションは、ラグビーワールドカップ2019釜石開催後の地域を見据えた地域づくり戦略など、スポーツと地域活性がテーマ。 会議の最後には、ラグビー日本代表選手も駆けつけ、参加者がメッセージを書き込んだラグビーボールを、建設中のスタジアムの横でトライするというイベントも行われた。

 2日間に渡る交流で、参加事業者の連携による新たなプロジェクトのきっかけも生まれ、今後一層の盛り上がりが期待される。
添付ファイル
スポーツと地域活性をテーマにしたパネルディスカッションスポーツと地域活性をテーマにしたパネルディスカッション
建設中のスタジム前での記念撮影建設中のスタジム前での記念撮影
投稿者 【管理者】かけ橋プロジェクト事務局(RCF)
関連リンク
備考