団体の活動状況

団体の活動状況詳細

2018年10月01日【企業がつなぐチカラ(60)】「第7回(平成30年度第1回)岩手かけ橋共創ネットワーク会議(9/6)」開催報告

登録番号 TP181001009
市町村名 釜石市 陸前高田市 遠野市 内陸その他
詳細記事  9月6日、当いわて三陸復興のかけ橋プロジェクト(岩手県政策推進室・RCF)は、東京都千代田区のNagatacho GRIDにて「第7回岩手かけ橋共創ネットワーク会議」(平成30年度第1回)を開催しました。復興支援事業を行っている首都圏の企業28社と、県関係者が出席し、岩手県内での支援事例の紹介や意見交換を行いました。

 今回は、『地域×企業人材で等身大のチェンジメーカーを生むには?』をテーマに開催。
 第一部では、県担当者より、三陸防災復興プロジェクト(2019年沿岸全域で開催予定)、宮古室蘭フェリー2018就航、岩泉町の台風10号復興後の産業振興など、県内での取組について報告があり、第二部では地域の取組として、(株)かまいしDMCから観光地域づくり組織による地域資源活用事例が、NPO法人SETからは陸前高田市広田町における移住促進・人材研修プログラムについて発表されました。
 第三部では企業・自治体の取組として、キリン(株)×遠野市 TONO BEER EXPERIENCE(新しい農業ビジネスの展開)、NECソリューションイノベータ(株)×秋田県湯沢市(協働〜共感から始まる共創活動)が紹介され、これらの事例から、企業人など外部人材が地域に入って活躍するためのポイントが提示されました。
 これらの発表を受け、第四部では地域、行政、企業のテーマについて、参加者同士が活発に意見交換をしました。
 参加企業からは、「地域・企業の事例は、社内の取組をより良くするヒントになった」「今後も連携を模索したい」等の感想が聞かれました。

 今後もかけ橋プロジェクトでは、より効果的で発展的なネットワーク構築を推進するとともに、企業のもつ強みや力と地域のニーズをマッチングし、中長期的視野での地域振興に寄与するよう、取り組んで参ります。
添付ファイル
首都圏の企業を中心に28社が参加首都圏の企業を中心に28社が参加
投稿者 【管理者】かけ橋プロジェクト事務局(RCF)
関連リンク
備考