団体の活動状況

団体の活動状況詳細

2019年09月06日【10/31締切】「いわて震災小説2020 作品募集」のお知らせ

登録番号 TP190906003
市町村名 洋野町 久慈市 野田村 普代村 田野畑村 岩泉町 宮古市 山田町 大槌町 釜石市 大船渡市 陸前高田市 遠野市 住田町 内陸その他
詳細記事 NPO法人いわてアートサポートセンターからのお知らせです。

被災体験や被災地を思いやる気持ちを伝えてもらおうと、これまで「詩」、「短歌」、「エッセイ」を公募してきました。

それぞれ入選作品集を発行し、毎年3月には「いわて文化復興支援フォーラム」の中で入選作の朗読劇を上演しています。

今年度は、震災文学公募の第4弾として、東日本大震災及びそれ以降の復興や暮らしを基に執筆した「掌編小説」を公募することとしました。

入選作品を掲載した小説集「いわて震災小説2020」を発行するとともに、作品の朗読劇及び「次の10年に向けて、今、やるべきこと」をテーマにしたフォーラムを実施し、震災小説の創作を通じて文化活動の振興を図ります。



■作品の要件
東日本大震災以降に書かれ、東日本大震災及び震災以降の情景や心の動き、未来に向けての思いなどをテーマにした未発表の掌編小説。

※ 掌編小説とは・・・短編小説よりさらに短い形式の小説。「掌(てのひら)ほどの小説」の意味。

※ 掌編小説を知るための参考図書・・・「超短編アンソロジー」 (本間 祐=編/ちくま文庫)

震災を直接体験していなくても、被災者や被災地への思いが伝わる作品、若い世代の作品も歓迎する。

(注)既発表作品(新聞・雑誌・結社誌・同人誌及びインターネット等電子媒体による発表を含む)の応募や他の公募への二重投稿が発覚した場合入選を取り消すことがある。


■応募者の要件
岩手県在住者、在住経験者、出身者など岩手ゆかりの方。(被災地支援・復興支援のため来県された方も含める)


■応募作品
本文が2000字(原稿用紙5枚)以内の小説。
応募は1人1篇とし、冒頭に題名をつけること。


■書式
作品は、冒頭に題名と氏名を明記し、原稿用紙(400字詰)、またはメールで受け付ける。但し、全て縦書きとし、メールはWordによる添付文書とすること。


■添付事項
作品のあとに、次のことがらを明記した別紙を添付すること。
(ア)作品題名
(イ)筆名(本名) (注)筆名と本名が違う場合は、( )に本名を記載すること。
(ウ)生年月日・年齢・性別
(エ)職業または学校名
(オ)郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス
(カ)岩手県在住以外の方は、岩手県との関り合いを付記すること。


■応募作品の返却
応募作品は返却しないので、必要であればコピー(控え)をとっておくこと。


■応募締め切り
令和元年10月31日(木)(消印有効)


■応募先
〒020-0878 岩手県盛岡市肴町4-20 永卯ビル3階
いわてアートサポートセンター内「いわて震災小説2020」係
E-mail:kaze@iwate-arts.jp



【お問い合わせ先】
NPO法人いわてアートサポートセンター
TEL. 019-604-9020
E-mail. kaze@iwate-arts.jp
添付ファイル
投稿者 システム管理者
関連リンク http://iwate-arts.jp/?p=3772
備考 関連リンク先:NPO法人いわてアートサポートセンターHP