団体の活動状況

団体の活動状況詳細

2020年01月08日1/31(金)締切「令和2年度大槌町心の復興事業」のお知らせ

登録番号 TP200107003
市町村名 大槌町
詳細記事 大槌町からのお知らせです。


東日本大震災に伴う応急仮設住宅等での避難生活長期化により、災害公営住宅等、再建先地域でのコミュニティ形成が十分になされていない状況において、被災者の心身のケアや孤立防止が重要となっていることに対応し、被災者自身が参画し活動する機会の創出を通じて、被災者が他者とのつながりや生きがいを持って前向きに生活することを支援する取組や、コミュニティ形成と一体となった被災者の心身のケア等の取組の促進を図るため実施する。

また、引き続き復興に向けた取組が進められる中で、被災者の積極的な参画のもと、震災の風化防止や地域活性化の取組を促進し、地域コミュニティの再構築を図るため実施する。なお、本事業は、国が定めた「被災者支援総合交付金交付要綱」内の心の復興事業の取組支援の趣旨に合致するものとする。



■対象となる事業
大槌町の被災者を対象として実施し、生きがいづくりや地域活性化等に効果的な取組が行われるよう地域住民の主体的な参画があることを基本として、下記(1)~(3)のいずれかに該当する事業を対象とする。

なお、令和2年度は国が定める復興・創生期間の最終年度であることから、年度内での事業目的の達成又は本補助金に頼らない継続的な事業実施体制の確立に留意すること。

(1)災害公営住宅に入居した住民の孤立防止、災害公営住宅内のコミュニティ形成や周辺地域住民との融和、交流促進に資する取組

(2)新旧住民の融和や多世代の地域参画など、地域住民が、課題解決に向けた地域活動を展開することができる地域コミュニティの構築や活性化に資する取組

(3)震災の風化防止や地域活性化に資する取組


■応募団体の資格
本事業の応募資格は、下記(1)~(5)の要件を全て満たすものとする。

(1)本事業の適切な運営が確保できる法人若しくは団体であること。
※大槌町内外、法人格の有無、営利・非営利を問わない。
※複数の法人・団体・個人が任意団体を結成し申請することも可能。
※企業単独、また、自治会の連合体なども申請が可能。

(2)取組の計画及び準備~実施~報告まで、原則当該法人または団体が自ら行うことができる団体であること。
※当該団体が複数の法人・団体・個人から構成される場合、実施主体となる構成員と、その他の構成員の役割分担を明示することで、その役割の範囲内で構成員がその事業を行うことができる。

(3)大槌町での活動実績がある団体であること。

(4)訴訟や法令順守上の問題を抱えている者でないこと。

(5)応募者または法人役員が暴力団等の反社会的勢力でなく、反社会的勢力との関係を有しないこと。また、反社的勢力から出資等の資金提供を受けていないこと。


■補助金額
補助率  補助対象事業の10分の10以内
補助上限額  1事業につき200万円(千円未満切り捨て)


■補助対象期間
交付決定日から令和3年3月12日(金)まで


■募集期間
令和2年1月6日(月)から令和2年1月31日(金)まで


※詳しくはHP(https://www.town.otsuchi.iwate.jp/gyosei/docs/374487.html)をご覧ください。




【お問い合わせ先】
大槌町 コミュニティ総合支援室 総合支援企画班
TEL. 0193-42-8718(直通)
FAX. 0193-42-3855
E-mail. shien-kikaku@town.otsuchi.iwate.jp
添付ファイル
投稿者 システム管理者
関連リンク https://www.town.otsuchi.iwate.jp/gyosei/docs/374487.html
備考 関連リンク先:大槌町HP