団体の活動状況

団体の活動状況詳細

2020年07月27日【8/7締切】8/23(日)開催「令和2年度 第1回いわて復興未来塾~沿岸報告会~」のお知らせ

登録番号 TP200727002
市町村名 山田町 大槌町
詳細記事 岩手県からのお知らせです。


東日本大震災津波発災からの復興を力強く進めていくためには、復興を担う個人や団体など多様な主体が、復興について幅広く教え合い、学び合うとともに、相互に交流や連携をしながら、復興の推進に生かしていくことが求められています。

このため、岩手県内の産学官の連携組織「いわて未来づくり機構」では、「未来づくり=人づくり」の考え方のもと、1回目の未来塾を開催しますので、ぜひご参加ください。



■開催日:令和2年8月23日(日)


■時間・場所
○山田町 復興まちづくり現地視察
 陸中山田駅周辺
 11時00分~13時00分

○大槌町 事例報告会
 大槌町文化交流センターおしゃっち(大槌町末広町1-15)
 13時30分~15時00分

○大槌町 大槌川水門・小鎚川水門視察
 大槌川水門・小鎚川水門
 15時10分~15時40分


■内容
○テーマ
 東日本大震災津波の教訓と復興の姿~10年目の沿岸被災地から~


○【山田町視察】 復興まちづくり状況視察(陸中山田駅周辺)
 コーディネーター 服部 真理 氏(やまだワンダフル体験ビューロー)


○【大槌町・事例報告会】(大槌町文化交流センターおしゃっち)
 主催者挨拶 岩手県知事 達増 拓也

 司会 服部 真理 氏(やまだワンダフル体験ビューロー)

 事例報告者
 ・大槌高校復興研究会による防災絵本の発表
  大槌高校復興研究会 高校3年生
 ・オランダ島ハウスにおける山田町放課後児童クラブ 子育てサロンの紹介
  佐々木 美智穂 助産師
  (山田町健康子ども課子育て世代包括支援センター)
 ・大槌川水門・小鎚川水門に関する発表」
  中谷 恭右 技師(沿岸広域振興局土木部復興まちづくり課)

 コメンテーター
 神谷 未生 氏(一般社団法人おらが大槌夢広場代表理事)


○【大槌町視察】 大槌川水門・小鎚川水門
 新しい生活様式に配慮した実施について
※参加者の皆様は、検温、マスクの着用、手指消毒等にご協力をお願いします。
 スタッフもマスク着用で業務にあたります。
※事例報告会場では三密空間を避けるため、座席数を減らし一定の間隔を保ちます。
 また、扉を開けるなど換気に努めます。


■お申し込み方法
 盛岡⇔現地の往復無料バスを運行いたします。
 座席の数に限りがございますので、お申込みはお早めにお願いいたします。
 ※乗車前の検温・手指消毒、マスク着用にご協力ください。
   座席数を減らす等感染防止を図り運行します。

(1)電子メールで申込み AJ0001@pref.iwate.jp
件名を「第1回いわて復興未来塾」として、下記の必要事項をご記入の上、申込みください。
 1.氏名(ふりがな)
 2.職業・所属・団体名等  
 3.〒住所・電話番号・ファクス番号 
 4.メールアドレス
 5.参加プログラム(申込書参照)
 6.バス利用の有無(乗降場所含む)  

(2)ファクスまたは郵送で申込み
FAX. 019-629-6944
〒0208570 岩手県盛岡市内丸10-1
事務局:岩手県復興局復興推進課

チラシの「参加申込書」に必要事項をご記入の上、お申込みください。


■申し込み締切日:令和2年8月7日(金)


■定員:50名(バス乗車定員30名)
 申込制(先着)


■費用:不要
 山田町での昼食は参加者負担となります


■交通案内:大槌町文化交流センターおしゃっち
         三陸鉄道「大槌駅」より徒歩10分



○主催:いわて未来づくり機構(事務局:岩手県復興局復興推進課)




【お問い合わせ先】
岩手県 復興局 復興推進課 協働担当
盛岡市内丸10-1
TEL. 019-629-6945
FAX. 019-629-6944
添付ファイル
ダウンロードはこちらちらし・申込書(PDF 3.1MB)
投稿者 システム管理者
関連リンク https://www.pref.iwate.jp/shinsaifukkou/fukkounougoki/event/1031389.html
備考 関連リンク先:岩手県HP